結婚指輪の選び方

結婚指輪のダイヤはつけるべき?デザインは?華やかな「ハワイアンジュエリー」が似合う!

Wedding ring diamond  

おふたりの新生活を迎える記念品として、愛を誓い合った証として、一生大切にしていきたい結婚指輪。せっかくなら、憧れのダイヤモンドリングで華やかさを感じたいですよね。

でも、実際にダイヤをつけるとなると、いろんなデザインがあって迷いがち。大きさ・数・配置の違いで、全体の印象や使い心地が大きく変わります。

そこで、

どんなデザインがあるの?

取れたりしない?

と気になるあなたへ、デザインの種類やダイヤの魅力を引き立たせる「ハワイアンジュエリー」をご紹介!一生後悔しないために、結婚指輪として使うための選び方もお届けします。

結婚指輪のダイヤはどんなデザインがある?

あなたはどんなダイヤのあしらい方が好きですか?

結婚指輪としての一般的な大きさは、0.1ctもしくは0.3ct。数は、さりげなく1粒ついているタイプや、全体に散りばめるタイプなどがあります。

人気の順に紹介しますね。

ハーフエタニティ

Half eternity  リングの半周に、小粒のダイヤが並べられたデザイン。ストレートラインでシンプルながらも、しっかりとダイヤが輝いています。全周にダイヤが使われていないぶん、値段を抑えられるのが魅力。ダイヤを見せたいときは手の甲の方へ、傷つきなどで心配なときは手のひらの方へ回転すれば安心です。

フルエタニティ

Full eternity  リング全周に小粒のダイヤが並べられたデザイン。ハーフエタニティよりもダイヤの輝きが増し、そのぶん値段も高くなります。サイズ直しはできませんが、どこから見てもとてもゴージャスです。

一石

One stone  中央に1粒のダイヤがあしらわれたデザイン。華やかすぎずシンプルで、全体の印象をきゅっと引き締めます。上品でやさしいイメージがあるので、いろんな利用シーン・ファッションにマッチしますよ。

スリーストーン

Three stone  中央に3粒のダイヤが配置されたデザイン。女性の「過去」「現在」「未来」を表し、「今までの積み重ねで私がいて、さらに輝かしい未来が待っている」という意味があります。何事にも前向きになれそうですね。

パヴェ

Pave  0.25ct以下の小粒ダイヤを石畳(フランス語=パヴェ)のように敷き詰めたデザイン。表面・サイドに惜しみなく散りばめられ、ボリューミーで華やかな印象です。1粒ずつがとても小さいので、取れないように高度な製造技術が必要。

ダイヤつきの魅力と欠点

デザインを見るだけでも、なんだかワクワクしてきますよね。ダイヤは、結婚指輪にふさわしい宝石として大人気!その理由をお伝えしていきましょう。

ダイヤがもつ意味

地球上でもっとも硬い宝石「ダイヤモンド」には、「固い絆を結ぶ」という意味が込められています。

・純潔
・純愛
・永遠の絆
・清浄無垢

4月の誕生石としても有名で、宝石言葉は上記のとおり。愛し合うふたりがいつまでもしあわせな日々を過ごせるように、という願いが込められます。

魅力「上品で永遠に美しく輝く」

ほかの宝石「ルビー・サファイア・誕生石」や「石なし」と比べて、「ダイヤモンド」を選ぶ人が多い結婚指輪。キラキラとした光沢感と高級感で手元がキレイ&華やかになるので、特に女性に人気です。

そんなダイヤの魅力をまとめると、下記のとおりに。

・硬度が高く、傷が目立ちにくい
・上品で、華やかなイメージ
・輝きが長持ちする
・婚約指輪と兼用OK
・婚約指輪と重ね付けOK

希少価値が高く、宝石に必要な硬度と美しさも兼ねそなえたダイヤモンド。「宝石の王様」ともいわれており、一生に一度の大切な記念品「結婚指輪」にふさわしい存在です。

欠点「数や大きさによって値段が高くなる」

ダイヤは、大きさ・数・配置によっては華やかすぎるのが欠点。毎日指にはめると、シーンによっては目立ちすぎて不向きかもしれません。

ほかにも、下記のようなデメリットが。

・値段が高くなる
・割れやすい方向がある
・油分(油脂、化粧品など)となじみやすい

希少価値が高いので、同じブランドや形状でもダイヤなしの結婚指輪と比べて高額に。油分となじみやすく割れやすい方向があり、汚れや損傷を防ぐためにきちんとした素材・技術が必要です。

ダイヤつきの結婚指輪は「埋め込みタイプ」を選ぶと良い

ダイヤつきの結婚指輪を一生大切にするには、デザインを「引っかかりにくいもの」=「埋め込みタイプ」にするとGOOD。いつも身に着けることをイメージして、いつどんなときでも邪魔にならないようにしましょう。

たとえば、大きなダイヤや複数の爪でダイヤを留めている結婚指輪。取れたり傷ついたりする不安が大きくなると、毎日身につけずにクローゼットの奥へ片付けてしまう可能性があります。

とはいえ、ダイヤ1粒ではシンプルすぎて飽きてしまうおそれも。その物足りなさを埋めるためにおすすめなのが、ダイヤ周りのデザインに工夫を凝らすことです。

ダイヤが似合う「ハワイアンジュエリー」

Hawaiian jewelry  
  • 飽きにくいデザインがいい
  • 取れたり傷ついたりは極力避けたい
  • 意味深いダイヤをさりげなく使いたい
  • ほかの夫婦と被らない結婚指輪がいい

このようないろんなリクエストに応え、ダイヤの魅力を引き立てるのがハワイアンジュエリー!ハワイの「マナ(奇跡を呼ぶ精霊の力)」を宿した模様を彫り、想いや願いを表現するお守りのような役割を果たします。

表面やサイドの彫り模様と、ダイヤの輝きは相性抜群。華やかすぎず、ダイヤ1粒でも十分おしゃれです。さらに、模様を直接彫るので、使い続けるうちに取れたり引っかかったりする心配はありません。

表面に美しい模様が彫られている

Beautiful pattern  ハワイアンジュエリーのアームに刻まれる模様は、一生身につけていたくなるほど華やか。プラチナやゴールドの美しさを倍増させ、つけるダイヤモンドもきらびやかに輝きます。

結婚指輪はおふたりの愛の証。挙式ではお互いの指に結婚指輪をはめ合って永遠の愛を誓い、新生活では毎日身につけるのが一般的です。

シンプルなデザインの結婚指輪なら、邪魔にならずいろんなシーン・ファッションに合わせやすいかもしれませんね。でも、物足りなさを感じて飽きてしまい、ちがうリングをはめたくなってしまうかも。素敵なデザインをおふたりで選んだハワイアンジュエリーなら、飽きずに大切に使えます。

模様ひとつずつに意味が込められている

数々の模様には1つずつ意味が込められており、結婚指輪にふさわしいものもたくさん!下記のように、「愛」「絆」「幸福」「永遠」など、おふたりの想い・願いが込められます。

Maile(マイレ)|神聖な結びつき、絆
Scroll(スクロール)|永遠の愛、目標を乗り越える
Plumeria(プルメリア)|大切な人のしあわせを願う etc

これらはハワイ語ですが、リングの内側へ実際に「ハワイ語」を刻印するのも大人気。日本語じゃ分かりやすすぎて照れくさい言葉も、おしゃれでマナのパワーが感じられるハワイ語なら深い愛情表現が可能です。

高品質&高耐久のハワイアンジュエリーショップ「Makana(マカナ)」

Makana結婚指輪はハワイアンジュエリーショップ「Makana(マカナ)」へ!

模様・素材(色)・ダイヤのありなしなど約2,000以上の種類から、好きなデザインを選ぶ「セミオーダーリング」が作れます。

4つ素材から選べる「マカナ ハーフエタニティリング」

Half eternityマカナのハーフエタニティリングは、女性用の結婚指輪として好評。また、重ね付け用の婚約指輪としても人気があります。

ダイヤを並べる素材は以下の4つ。日本の「鍛造」とハワイの「手彫り」を掛け合わせて、高耐久で美しい結婚指輪に仕上げます。

・プラチナ
・ピンクゴールド
・イエローゴールド
・ホワイトゴールド

実際に手彫りするのは、ハワイを愛しハワイで暮らす女性職人たった1人。歴30年の熟練技で、細めのリング幅でもダイナミック&繊細な模様を彫ります

3Dシミュレーションを試してみよう

時間の限られたジュエリーショップへ行く前に、ホームページの「3Dシミュレーション」を試してみてください!おふたりの好きな時間&場所にて、ゆっくりデザインが選べます。

方法は簡単。以下の項目をひとつずつ選択し、さまざまな角度から完成イメージを確認します。

タイプ バレル/フラット など
素材 プラチナ/18K(ホワイトゴールド など)
形状 リング幅×厚み
彫り なし/makana/maile leaf/princessA〜C
サイドカット なし/line cut/diamond cut/makana cut/coin edge
ダイヤモンド 有(0.01ct・0.03ct)/無
表面加工 鏡面/つや消し
simulation

このように、ダイヤは埋め込みタイプ。リング幅や素材にもよりますが、つけられる大きさは「0.01ct」「0.03ct」の2つです。

内側に宝石「ブルーサファイア」つき

Blue sapphire  ダイヤは見える外側に、内側の隠れる部分にはダイヤの次に硬い宝石のひとつ「ブルーサファイア」を。マカナではすべてのリングにブルーサファイアを埋め込んでおり、これから先のおふたりがしあわせを感じ、結婚後の新生活がいつも良い方向へ導かれるようにおまじないの効果をもたせています。

ヨーロッパで古くから伝わる「サムシングフォー」をご存じですか?

サムシングフォーとは 身につけると花嫁がしあわせになれる4つのアイテム。
”古いもの・新しいもの・借りたもの・青いもの”

この「青いもの」として、ブルーサファイアをセッティング。また、いつもハワイの癒やしが感じられる「マナ」のパワーも込められています。

ダイヤ×ハワイアンジュエリーで華やかに

ダイヤつきの結婚指輪は、数・大きさ・配置の違いで大きく印象が変わることがわかりましたね。特に、女性に人気があり、いつまでも指元をキラキラと輝かせてくれます。

毎日の日常生活で使いやすい結婚指輪にするなら、ダイヤを埋め込むタイプがおすすめ!ハワイアンジュエリーなら、表面に彫られた美しい模様がダイヤの輝きをより一層高めてくれます。

マカナのハワイアンジュエリーなら、セミオーダーでおふたりだけの結婚指輪に!長くキレイに使えるための品質と耐久性を兼ねそなえています。

まずは「3Dシミュレーション」でお好きなデザインを選んでみてくださいね^^

Makana BRIDAL COLLECTION
ハワイアンジュエリーマカナの結婚指輪コレクション