結婚指輪の選び方

結婚指輪「ゴールド」が人気の理由。手彫り模様のハワイアンジュエリーでさらに美しくできる!

wedding-ring-gold

結婚指輪の「色」は、全体のイメージを左右する重要なポイント。よく見かけるのはシルバー(プラチナ)ですが、ゴールド(金)も気になりますよね。

結婚指輪は、毎日身につけながら一生大切にしていきたい宝物。色には特に決まりがなく、傷つきにくい・変色しにくいなど長く愛用できる素材が主流です。

普通じゃつまらない

もともとゴールドが好き

プラチナの婚約指輪と色を分けたい

というあなたは、ぜひゴールドの結婚指輪を!そして、金色の輝きがさらに美しく見える「ハワイアンジュエリー」で素敵な模様を入れるのがおすすめです。

ここでは、ゴールドならではの魅力や選ぶ際の注意点をご紹介。ハワイアンジュエリーが結婚指輪にふさわしい理由もあわせてお届けします。

結婚指輪「ゴールド」は日本人と相性抜群

gold

日本人の肌色に良く似合う

少し黄色味のあるゴールドは、日本人の肌となじみやすいの色。色白の人・色黒の人どちらにも似合いやすく、極端に目立つなどの不自然さを感じません。年齢とともに皮膚の色がトーンダウンしても、ゴールドなら安心。一生身につけるジュエリーとして、手元を素敵に輝かせます。

色のバリエーションが豊富

ゴールドは、混ぜる金属や割合によってさまざまな色が作り出せます。

ピンクゴールド ・暖色系のやわらかく上品な女性らしい色合い
・硬度の高い銅がもっとも多く、高耐久
イエローゴールド ・明るく華やかな色合い
・耐久性に優れている
ホワイトゴールド ・プラチナのように輝く白色がかった色合い
・変色、変質に強い
・金属メッキで塗装されているものが多い

各色で印象がガラリと変わるので、好みのデザインや付けたい宝石など理想のイメージと合わせやすいのが魅力。なかでも、「ピンクゴールド」「イエローゴールド」は傷がつきにくく高耐久。毎日いろんな環境に触れやすい結婚指輪にとして最適&人気です。

耐久性に優れている

純粋なゴールドは酸化によるサビの心配がありません。ただ、ほかの素材と比べるとやわらかいので、指輪にするときは硬度の高い金属を混ぜて傷つきにくくしています。

特に、「イエローゴールド」「ピンクゴールド」は硬度の高い銅が多く使われているため、サビない&傷つきにくい&普段使いに最適!日々のお手入れも簡単で、やわらかい布で拭けばすぐに輝きが取り戻せます。

個性が出せる

結婚指輪にふさわしいとはいいつつも、いまだに定番なのはプラチナ。「結婚指輪はゴールドでも問題ないの?」と疑問を持つ人がいるほど、多くは広まっていないのが現状です。

そのなかで、あなたがゴールドの結婚指輪をつければ、ほかの人と被りにくく個性的でおしゃれな印象に。カラー・模様・宝石・形状・幅なども自由に組み合わせれば、あなたらしい結婚指輪に仕上げられます。

似合うファッションが幅広い

ひんやりとした印象のプラチナと比べて、あたたかみのある暖色系「ゴールド」。カジュアルさがあるので、フォーマル・ビジネスなどカチッとしたファッションにも、カジュアルでラフな普段着にもよく似合います。

派手なイメージをもつ人もいますが、色や表面加工などでやわらかくすることが可能。イエローゴールドより、ピンク・シャンパンゴールドを選ぶとぐっと落ち着いた雰囲気に。鏡面仕上げより、マットなつや消しやヴィンテージ仕上げを選ぶと指なじみがよくナチュラルです。

結婚指輪のゴールドは「純度」に注目

結婚指輪にゴールドを選ぶときは「純度」に注目!

・K24(24金)
・K22(22金)
・K18(18金)
・K14(14金)
・K10(10金)

素材にはこれらのいずれかが表記されており、それぞれ性質にメリット・デメリットがあります。

金の純度とは?

purity純度とは、含有率のこと。ゴールドの場合、「金はどれくらい含まれているのか」を表しています。

日本では、金の純度を24分率で表示するため純度100%の純金はK24(1K=4.17%)。ただし、やわらかすぎて型くずれや傷がつきやすいので、ジュエリーとして扱いやすいように、ほかの金属を混ぜ合わせます。

そして、混ぜる金属の種類や割合を変えればいろいろなカラーに!一般的には、以下のような割合で構成されています。

ピンクゴールド
(K18)
金75.00:銀10.00:銅15.00%
イエローゴールド
(K18)
金75.00:銀15.00:銅10.00%
ホワイトゴールド
(14K)
金58.33:銀41.67:銅 0.00%

結婚指輪はK18(18金)が定番

純金(K24)の指輪もありますが、メンテナンスが大変なため長い期間はめ続けるには不向きだといわれています。

結婚指輪にもっとも最適で、多く使われているのは「K18」。純度を保ちつつ、加工しやすい柔軟さ&適度な硬さを持ち合わせています。また、「K14」も他の金属が増えるので耐久性に優れた結婚指輪に。金の含有率が少なくK24・K18と比べてリーズナブルですが、それゆえに美しい輝きが少し劣ります。

ハワイアンジュエリーでゴールドの輝きがアップ!

Hawaiian jewelry  古くから、ハワイで家宝のように大切にされている「ハワイアンジュエリー」。表面に美しい模様が彫られており、その凹凸がゴールドの輝きを倍増させます。

結婚指輪にふさわしい意味がある

ハワイアンジュエリーにはいろんな模様があり、それぞれに名前と意味があります。「愛」「絆」「幸福」「永遠」など、愛し合うおふたりにおすすめしたい模様もたくさん!結婚指輪をはめる指(左手薬指)や宝石がもつ意味と一緒に、模様にも素敵な意味が込められます。

maileたとえば、こちらは「maile(マイレ)」をテーマにした模様。

・絆を強く結びつける
・縁結び
・平和

という意味があり、ハワイの結婚式で「神が宿る神聖な葉」として使われる植物です。

ハワイアンジュエリーの純度はK14(14金)が定番

ハワイアンジュエリーは素材を細かく彫って仕上げていくため、硬めのK14が定番。

これには、

  • アメリカ市場で14金が主流
  • 彫りを入れやすい硬めの素材

という理由があります。

ハワイでは18金の調達がむずかしいため、14金よりも高額に。また、14金と比べてやわらかいため、職人が模様をキレイに彫れず避けがちなのだとか。これだけを見ると、結婚指輪には少し不向きだと感じるかもしれませんね。

ゴールドの結婚指輪はハワイアンジュエリーショップ「マカナ」へ

Makana

18金・14金のハワイアンジュエリーは「Makana(マカナ)」へ!日本の技術「鍛造(たんぞう)」で指輪のベースを作るので、継ぎ目がなく着け心地は抜群。専属職人による手彫りのキレイな模様が入れられます。

K18(18金)でもダイナミック&繊細な手彫り模様に

マカナのハワイアンジュエリーでは、K18のピンクゴールド・イエローゴールド・ホワイトゴールドで結婚指輪が作れます。

・鍛造(たんぞう)でつくられている
・ハワイで暮らすベテランの手彫り職人がいる

鍛造は、金を圧縮して丈夫にする作り方。硬度が高く、継ぎ目のないストレートな形状に仕上がります。

細かい模様を手彫りするハワイアンジュエリーには不向きだといわれていますが、それは変形しやすい「K18×鋳造(ちゅうぞう)」の場合のみ。「K18×鍛造」なら適度な硬さがあるので、よりシャープでキレイな模様が手彫りできます。

また、手彫りするのはマカナ専属のベテラン職人たった1人。ハワイを愛し、現地で暮らす女性がハワイのマナ(精霊の力)を込めながら1つずつ丁寧に仕上げます。歴30年の手彫り技術は、ダイナミックで繊細!結婚指輪は同じ日に続けて2本手掛け、雰囲気が変わらないようにしています。

美しいゴールドをキープ

マカナのホワイトゴールドは白さと輝きをキープ!表面にコーティングをせず、混ぜ合わせる金属に変色しにくいパラジウムを採用しています。

一般的なハワイアンジュエリーのホワイトゴールドは、白くキレイに見せるためのコーディングが施されています。ただ、長く使い続けると剥がれてしまうため、結婚指輪には不向き。ゴールドそのものに剥がれや変色の対策をすれば、キレイなまま愛用し続けられます

セミオーダーでオリジナルのリングに

マカナの結婚指輪はセミオーダータイプ。セミオーダーはフルオーダーと比べて選択の幅が狭まりますが、デザインを決めやすく仕上がりをイメージしやすいのが魅力です。

選ぶ項目は6種類。そのうち、ゴールドの結婚指輪にするにはタイプ&素材に注目です。K14は1種類に限られますが、K18は全種類のデザインに対応しています。

【タイプ】 【素材】
K14 GOLD BARREL TYPE ・K14 white gold
・K14 yellow gold
・K14 pink gold
BARREL TYPE
FLAT TYPE
SLIM TYPE
・Platinum 900
・K18 white gold
・K18 yellow gold
・K18 pink gold
LAYER TYPE ・K18 yellow gold
・K18 pink gold

ネットで簡単にシミュレーションできる

simulationゴールドの色味や雰囲気は、実際に手にしてみないとわかりにくいですよね。もちろん、指のサイズを測ったりつけ心地を確かめるのも重要です。

実物は店頭で!マカナの結婚指輪は、北海道から沖縄県まで全国各地のジュエリーショップで購入できます。

ただ、ジュエリーショップは、事前に来店予約が必要だったり当日混雑してゆっくり選べなかったり。本当にほしいものが落ち着いてじっくり選べないかもしれません。

そこで、ぜひ活用してほしいのが「3Dシュミレーター」。スマホやパソコンがあれば、マカナのホームページでいろんな組み合わせが試せます。

Pink gold  このように、さまざまな角度から見られたり、男性・女性の手(大・標準・小)に装着した状態で見られたり。24時間何度でもOKなので、おふたりのご都合の良い時間にゆっくりと選んでくださいね。

ゴールド×ハワイアンジュエリーを美しさを結婚指輪に

結婚指輪のゴールドは、プラチナに劣らない耐久性と美しい輝き。混ぜる金属によって、さまざまな色が作り出せるバリエーション豊かな素材です。

表面に素敵な模様を彫るハワイアンジュエリーなら、雰囲気がぐっと華やかに!あたたかさ・かわいらしさがあり、愛し合うおふたりにふさわしい意味も込められます。

結婚指輪向けのK18に、シャープでキレイな模様をダイナミック&繊細に手彫りする「Makana(マカナ)」。おふたりが長く愛用できるための工夫と思いやりを、ぜひ感じてくださいね。

Makana BRIDAL COLLECTION
ハワイアンジュエリーマカナの結婚指輪コレクション