指輪の基礎知識

エンゲージリング(婚約指輪)とは?意味・つける指&順番・マリッジリングとの違い

engagement ring

2人の大切な宝物になるブライダルリング。「エンゲージリング(婚約指輪)」はその1つで、これから結婚をするという約束をカタチにしたものです。

意味・効果・はめる指など、基本的な知識を深めれば自分たちに1番ふさわしいものが見つかりやすくなるはず!贈るかどうか迷っているあなたも決断しやすくなりますよ。

ここでは、

エンゲージリングって必要?

どんな効果があるの?

どの指にはめるの?

とお悩み中のあなたへ、エンゲージリングにまつわる基本的なことを徹底解説!マリッジリング(結婚指輪)との違いもあわせてお届けします。

女性らしいデザインが豊富で、華やかな美しさが魅力のエンゲージリング。ハワイアンジュエリーのブライダルブランド「Makana(マカナ)」で、特別感たっぷりの1本を手にしてみませんか?

エンゲージリング(婚約指輪)とは結婚を約束した証のこと

Proofエンゲージリングとは、男性から女性に贈る指輪のことをいいます。

婚約は結婚の約束という意味ですが、法的に夫婦として認められるわけではなく「口約束」のもの。エンゲージリングは、その約束の証がカタチになった存在です。

エンゲージリングがもつ意味

英語で「エンゲージメントリング(engagement ring)」と呼ぶエンゲージリング。「engage(エンゲージ)=~に従事する、携わる」という動詞が「engagement(エンゲージメント)=約束、契約」という名詞になり、「婚約指輪」という意味をもちます。

  • 結婚の約束
  • 結婚への決意
  • 愛の絆の象徴

エンゲージリングは、「結婚してください」という言葉に添えて贈る、プロポーズの後押しアイテム。無事受け取ってもらえれば婚約をした日の記念品(婚約記念品)になり、これからの2人が永遠の愛で結ばれながら、夫婦で居続ける決意を表したものにもなります。

歴史・由来

歴史は古く、紀元前1世紀の古代ローマ時代が発祥。当時は結婚よりも婚約が重視されており、結婚を約束するために儀式が行われていました。

その際、相手に贈るために用いられた「鉄の輪」がのちのエンゲージリング。日本では戦後1950年代後半ごろから広まり始め、西洋文化の浸透やダイヤモンドの輸入解禁と共に現在のカタチが完成されたといわれています。

マリッジリング(結婚指輪)との違い

ブライダルリングの1つとして、エンゲージリングと肩を並べるのが「マリッジリング(結婚指輪)」。英語で「marriage(マリッジ)=結婚、婚姻、結婚生活、夫婦関係」という意味があり、永遠の愛を誓い合う気持ちがカタチになった存在です。

それぞれを簡単に見てみると以下のとおり。

エンゲージリング マリッジリング
つける人 2人(男女) 1人(女)
主な意味 愛を誓い合った証 結婚を約束した証
つけ始め プロポーズ~ 結婚式~

言葉は似ていますが、意味も手にするタイミングも違うものだと分かりますね。

▼詳しい違いはこちらをご覧ください。

エンゲージリングを身につける5つの効果

エンゲージリングにはどんな役割があり、身につけるとどんなメリットがあるのでしょうか。特に、「本当に必要?」と疑問のあなたに知っておいてほしい「エンゲージリングの効果」を5つ紹介します。

好きな人からの愛情が身近に感じられる

loveエンゲージリングは、カタチのない「愛」を指輪に込めたもの。指にはめると目に映りやすく、男性から想われているという幸せがいつも身近に実感できます。

また、デザインはダイヤモンドなどの美しい輝きが目立つ華やかなものが多め。その大きな存在感が愛情の深さを感じさせてくれます。

2人の大切な資産・財産になる

Assetsエンゲージリングには希少価値の高い素材(プラチナやゴールドなど)が使われており、夫婦となった2人にとって大切な資産・財産になります。

ダイヤモンドやサファイアなどの宝石が多くあしらわれていれば、さらに価値の高いものに。将来、2人から子どもへと引き継ぐ「家宝」にもなります。

特に、多く使われている素材や金属は以下のとおり。

  • プラチナ
  • ゴールド
  • ダイヤモンド
  • サファイア
  • パール
  • ルビー

それぞれに差はありますが、美しく輝くだけじゃなくどれも硬度の高い優れた耐久性を持ち合わせているのが魅力。変色や傷つきが少なくいつまでも輝き続けることから、「永遠の愛」「色あせない愛」の象徴として大変人気です。

パートナーがいることのアピールになる

appeal指にはめていれば、まわりの人からも目に映りやすいエンゲージリング。結婚を約束したパートナーがいることのアピールにつながり、不要な恋愛トラブルが防げます。

また、エンゲージリングを見れば「そろそろ結婚するのかな?」と意識してもらえるのでラク。友人や職場の人には結婚の報告を口で伝えるのが1番良いかもしれませんが、なかなか言い出しにくい人に対してはとても便利です。

ただし、職場につけて行くのは慎重に。もしかすると、結婚をしていない女性やエンゲージリングがもらえなかった女性から嫌な顔をされてしまうかもしれません。また、豪華な宝石や繊細な装飾が多いので業務にさしつかえる可能性も。派手なアクセサリーがOKならつけても問題ないかもしれませんが、念のために上司やまわりの結婚している人に相談しておくと安心です。

両親・家族の安心につながる

parentsプロポーズが終わり、いよいよ結婚に向けて準備スタート!まずは、お互いの家族への挨拶から始まります。

その際、指にはめたエンゲージリングが両親の目に映れば、「しっかり愛し合っているんだな」「愛情を受け取ってもらえているんだな」と安心!結婚を認めてもらい、顔合わせ・結納・挙式の準備などが協力を得ながらスムーズに進みやすくなります。

マリッジリングとの重ね付けが楽しめる

Layeringエンゲージリングは婚約期間中につけるのが一般的ですが、結婚後も普段使いをする人が増加中!マリッジリングと重ね付けをしながら、キラキラと輝きの増したファッションやコーディネートが楽しめます。

ただし、それぞれを大切にしながら重ねて付けるにはコツが必要です。

  • 傷つけ合わない形状
  • 素材の色・リング幅のバランス
  • ダイヤモンドのサイズ・あしらい方

女性が「結婚してからも指にはめたい」と言っているなら、あらかじめセットでデザインを考えるのがおすすめ。同じブランドで、同時に購入しても良いかもしれません。

リングの形状には、ストレート・U字・V字・S字・メレ付き・ミル打ちなどいろんなタイプがあります。上手に組み合わせないと、お互いを傷つけ合ってしまうので要注意。硬度の高いダイヤモンドがぶつかれば、さらに傷が深くなってしまいます。

色や幅のバランスも、実際に重ねて付けてから確認するのがベスト。セミオーダーやフルオーダーのリングなら、バリエーション豊富な中から自由に組み合わせられるので好みにぴったりなものがGETできます。

エンゲージリングのつけ方・はめる指

エンゲージリングのつけ方にルールはありませんが、古くから大切にされているルーツがあります。はめると良いといわれている「指」を知って、エンゲージリングの効果をたっぷりと感じてみませんか?

「左手薬指」が基本

エンゲージリングをつける指は、「左手薬指」が基本。その理由は、ブライダルリングの起源である古代ギリシャの言い伝えが関係しています。

そこでは、心臓が感情をつかさどる場所とされ、左手の薬指にはその心臓につながる太い血管があると信じられていました。つまり、左手の薬指は「心と強く結ばれた神聖な場所」。その指に指輪をはめることで「愛する人の心がしっかりつかめる」と考えられ、日本でも広まりをみせています。

また、右利きの人にとっては左手の薬指がもっとも「動きが少ない指」。生活の邪魔になりにくく、指輪に埋まっている宝石やリング表面の素材を傷つけにくい場所だといわれています。

結婚式当日は「右手薬指」に

ただし、結婚式当日は「右手薬指」に!この日の左手薬指には、愛を誓い合う儀式「指輪交換」にてマリッジリングがはめられるためです。

結婚式では、エンゲージリングをつけなければいけないというルールはありません。でも、せっかくの豪華なデザインを施した素敵なリング。特別な日にこそ、ケースにしまっておかず堂々と指にはめればOK!人生で1番美しいとされるウエディングドレス姿に、輝かしい華を添えてくれます。

日常生活では自由に

エンゲージリングもマリッジリングも、左手薬指だけに限らず、どの指にはめても問題ありません。

「仕事で気になるから右手につけたい」
「中指のほうがなんだかしっくりくる」

など、それぞれの感じ方で決めればOKです。

特におすすめなのは、2本重ねて付けること。エンゲージリングをマリッジリングの上にはめると、「結婚の証が失われないように、婚約の証で留めておく」という意味が込められます。

また、10本の指にはそれぞれに意味や効果があるので知っておくと良いでしょう!右手は、勉強や仕事などに夢中で取り組みたいときにはめると効果的。左手は、新しいことを始めるときや迷いを消したいときにはめると効果的だといわれています。

▼10本の詳しい意味と効果はこちらを参考にしてくださいね。

おしゃれで華やか!ハワイアンジュエリーのエンゲージリング

Hawaiian jewelry  ハワイアンジュエリーは、かわいい・華やか・おしゃれなエンゲージリングをお探し中のあなたにぴったり!リング表面に繊細な手彫り模様が施され、プラチナやゴールドの素材をより一層輝かせてくれるとても素敵なジュエリーです。

ハワイアンジュエリーとはハワイの伝統的なジュエリーのこと

ハワイアンジュエリーは、ハワイでは親から子へと代々受け継がれる家宝のような存在。ハワイの大自然がもたらす「マナ(精霊の力)」が宿され、身につけた人に癒やしや幸せが訪れるとして古くから大切にされています。

素材に手彫りされる独特の模様は、ハワイの自然・動物・神話がモチーフ。多くの種類があり、その1つずつに「永遠の愛」や「大切な人の幸せを願う」などの意味が込められています。

婚約指輪や左手薬指がもつ意味を大切にし、女性への愛をたっぷりと注ぎ込みたいエンゲージリング。ハワイアンジュエリーなら、あなたが女性に伝えたい特別な想いや願いもたっぷりと込められるはず!

ハイクオリティ&ハイデザイン「Makana(マカナ)」

Makanaハワイ語で”贈り物”という意味の「Makana(マカナ)」では、「身につけた人々がマナを感じて幸せに包まれますように」をコンセプトに、”ハワイの美しい大自然からの贈り物”をご用意しています。

マカナのハワイアンジュエリーは、日本の「鍛造(たんぞう)」とハワイの「手彫り」で作り上げるハイクオリティ&ハイデザイン。ベテランの高い技術力と細かい部分まで丁寧なデザイン力で、エンゲージリングを最高の品質まで高めています。

通常、ハワイアンジュエリーは細かい彫りが必要なため柔らかめの素材が向いています。でも、一生の宝物であるエンゲージリングには変形や傷つきにくさが重要。そこで、マカナでは鍛造製法を取り入れ、純度の高い「プラチナ」や「18金」でも変形しにくく丈夫なエンゲージリングに仕上げました。日本で初めて「ハワイアンジュエリー×鍛造」のリングを作ったブランドです。

また、エンゲージリングに模様を刻むのはハワイで暮らすたった1人の女性!現地のあたたかな雰囲気がリングを通してそのままあなたにも。彫り歴30年以上のダイナミック&繊細な手彫り模様には、ハワイのマナがたっぷり込められています。

世界に1本だけのセミオーダーエンゲージリング

マカナのエンゲージリングは、セミオーダーリング。ほかの人と被りにくく、世界に1本だけの特別感たっぷりなリングがGETできます。

シリーズによっては未対応のものもありますが、選べる項目は主に以下のとおり。

  • 素材
  • 模様
  • サイドカット
  • ダイヤモンドの大きさ・位置・数

少しだけ例を紹介しますね。

「Tradition(トラディション)」

tradition柔らかな女性らしい雰囲気のK18ピンクゴールドに、プリンセスデザインを施したハンドメイドの伝統デザイン。0.3ctのダイヤモンドが中心に、0.054ctの小さなダイヤモンドがサイドにかわいく並んでいます。

◆商品の詳細はこちら|ME-1

「Side cut type(サイドカットタイプ)」

Side cut typeマカナオリジナルの模様と存在感のあるサイドカットを細身のリングに。中心には定番のダイヤモンドをあしらい、高級感も兼ね備えた1本です。

◆商品の詳細はこちら|ME-4

ハワイの海をデザイン「Leamoana(レアモアナ)」

Leamoanaたくさんの生き物と数々の情景を産みだすハワイの美しい海がテーマの「レアモアナ」シリーズ。波・海岸・サンセット・ホエール・珊瑚・サンライズ・ウェーブの7種類のデザインがあります。

Leamoana Surfこちらは、永遠に打ち寄せる波をモチーフにした1本。「永遠の愛」「信頼」などの意味をもつダイヤモンドを優しく包み込んだデザインです。

◆商品の詳細はこちら|ME-6 SURF

◆レアモアナ特集ページへ|ENGAGEMENT LEAMOANA

好きな人への想いをカタチにした唯一無二の存在

エンゲージリングとは、結婚したい人に愛情をカタチにして贈る素敵なアイテム。

・好きな人の愛情が身近に感じられる
・2人の大切な資産・財産になる
・まわりの人にアピールできる
・両親の安心につながる
・重ね付けが楽しめる

など、身につけることで大切に想う女性の魅力が引き出され、日常生活もより充実します。

ハワイ現地で手彫り模様を施すマカナのハワイアンジュエリーなら、あたたかな愛情がたっぷりと感じてもらえる1本に!特別な記念日にはもちろん、日常生活でも安心してつけられるハイクオリティ&ハイデザインのエンゲージリングです。

Makana BRIDAL COLLECTION
ハワイアンジュエリーマカナの結婚指輪コレクション