指輪の基礎知識

「鍛造(たんぞう)×ハワイアンジュエリー」は『マカナ』の指輪が日本初!鋳造とちがう魅力をご紹介

結婚指輪を探しているときに、

「鍛造リング」

「鍛造の結婚指輪」

「鍛造製法を用いている」

など、「鍛造」という言葉を見かけますよね。金属を鍛造という方法で指輪の形状にしたことはなんとなく分かるけど、いまいちよくわからない・・・。

結婚指輪はデザインを重視しがちですが、製法にも注目するとGOOD!デザインの特徴や日々の身につけ方がわかり、一生の宝物として大切に扱えるようになります。

ここでは、

鍛造(たんぞう)って何?

鋳造(ちゅうぞう)もあるけど違いは?

結婚指輪にはどっちがいいの?

そんなあなたに、鍛造と鋳造の特徴をそれぞれご紹介!マカナの「鍛造」と「手彫り」を掛け合わせたハワイアンジュエリーで、ハイクオリティー・ハイデザインの結婚指輪にしてみませんか?

「鍛造」の指輪は結婚指輪にぴったり

Forging  

金属を叩いて伸ばす「鍛造」

鍛造(たんぞう)は、その名のとおり「鍛えて造る」こと。金属の板や塊をハンマーなどで叩いたり伸ばしたりして1つの輪っかを完成させます。仕上げに、宝石をつけたり模様を入れたりなどして1本の結婚指輪に。

最近ではプレス機などの機械を用いるタイプも増えましたが、基本的には職人による手作業。作り手のあたたかみや風情が感じられます。

丈夫で高耐久

金属に圧力をかける鍛造は密度が高くなり、中に空洞ができません。そのため、硬度・強度は高め。変形しにくく、傷がつきにくい丈夫な指輪になります。

また、表面硬度が高いので、磨くと光沢が出やすいのも魅力。プラチナやゴールドなどの輝きがより一層高まります。

複雑なデザインが難しい

鍛造は硬度が高い分、加工が難しいのが欠点。石を留める部分や細かな彫り模様などがキレイに仕上がりにくいので、シンプルなストレートラインのデザインが多めです。職人によっては、鍛造を敬遠する場合もあるのだとか。慎重に手作業で作るので、完成までの時間もかかる。

注意点

鍛造で指輪を作るには、高度な技術が必要!結婚指輪を選ぶときは、実物を見て精度を確かめつつ鍛造についての説明も聞いておくと安心です。

また、1度できた指輪はサイズ直しが難しくなります。サイズ選びは慎重に。メーカーによってはお直し不可な場合もあるので、事前にきちんと確認しておきましょう。

結婚指輪には鋳造もある

casting

金属を型に入れる「鋳造」

鋳造(ちゅうぞう)は、「鋳型(いがた)を用いて造る」こと。ワックス(ろう)で作った型で鋳型を作り、どろどろに溶かした金属を流し入れてます。固まったあとに鋳型を外すと指輪の形に。仕上げに、宝石をつけたり表面を磨いたりすれば完成です。

大量に生産できる

鋳造は、指輪のデザインそのものがあらかじめ鋳型にかたどられています。あとは金属を入れて固めて仕上げの装飾をするだけなので、短時間で大量生産が可能。複雑なデザインでも作りやすく、コンピューターなどで鋳型が作れるので、コストが低く抑えられます。

鍛造よりも取り扱うメーカーが多く、既製品のファッションリングやオーダーメイドのブライダルジュエリー。両方に多く用いられている製造方法です。

耐久性が低い

金属を鍛えず流し入れて固めるだけなので、やわらかく、中に空洞ができてしまうのが欠点。密度にムラができ、鍛造よりも変形しやすく傷つきやすい指輪になります。

たとえば、宝石の留め部分が曲がってダイヤを落としてしまったり、コンクリートの上に落とした衝撃で大きな傷がついてしまったり。使い続けるうちに、歪んでくるおそれもあります。

注意点

なるべく傷がつかないように、身につけるシーンを意識しましょう。力仕事・スポーツ・家事の際は、外すクセをつけるのがおすすめです。また、歪みでダイヤが落ちないように定期的なチェックも欠かさずに。表面の傷は、軽度であればジュエリーショップなどで磨き直しをしてくれます。

ハワイアンジュエリーの結婚指輪はおしゃれで華やか

Hawaiian jewelry  ハワイ伝統の美しい模様が刻まれた「ハワイアンジュエリー」。とてもおしゃれで、デザイン性の高い指輪です。

種類はリング・ブレスレット・ペンダントなどさまざまで、結婚指輪・婚約指輪としても大人気!華やかでボリュームがあり、愛し合うおふたりにふさわしい意味も込められます。

ハワイ伝統の模様が結婚指輪にぴったり

ハワイアンジュエリー(Hawaiian jewelry)は直訳で「ハワイの伝統的なジュエリー」。ハワイで古くから伝わる「マナ」を宿した模様が刻まれます。

マナとは、ハワイで信じられている「精霊の力」のこと。奇跡を呼び込んだり人々を回復して癒しを与えたりする力があるとされ、家宝のように大切にされている存在です。

ハワイ語で名付けられた数々の模様は、一生身につけていたくなるほど華やか。凸凹がプラチナやゴールドの輝きを際立たせ、ダイヤモンドや誕生石などの宝石もより一層輝きます。

また、模様にはそれぞれに意味があり、家族・恋人・自分の「想い」「願い」が実現するようにおまじないをすることが可能。

以下のように、結婚指輪・婚約指輪にふさわしい「愛」「絆」「幸福」などの意味も込められます。

Maile(マイレ)|神聖な結びつき、絆
Scroll(スクロール)|永遠の愛、目標を乗り越える
Plumeria(プルメリア)|大切な人のしあわせを願う

製造方法は「鋳造」が多い

ハワイアンジュエリーの多くは、「鋳造」で作られています。その理由は、ハワイアンジュエリーの特徴である細かい模様がデザインしやすいため。金属を鋳型に入れ、重力なども利用しながら作れば、模様が隅々までキレイに入ります。

一方、鍛造は1つずつ手作業で作るので、繊細な模様も職人による手彫り作業に。硬度が高いので、美しく仕上げるには職人の高い技術が必要です。

マカナは日本「鍛造」×ハワイ「手彫り」の初ブランド

Makana「丈夫で長持ちする指輪がいいけど、シンプルすぎるデザインはもの足りない!」
「おしゃれで華やかなハワイアンジュエリーがいい!」

そんなあなたの希望を叶えるのが「Makana(マカナ)」のハワイアンジュエリー。結婚指輪・婚約指輪に大切な「意味」と「耐久性」を実現させた、ハイクオリティー・ハイデザインのブライダルジュエリーです。

鍛造だから丈夫で長持ち

マカナは、日本の「鍛造」技術とハワイの「手彫り」技術を掛け合わせたハワイアンジュエリー。丈夫でキレイな模様も長持ちするので、結婚指輪や婚約指輪にぴったりです。

実は、この組み合わせは日本初!鋳造で作られた普通のハワイアンジュエリーより耐久性に優れながらも、彫り模様は同等もしくはそれ以上の美しさとなっています。

Comfort  さらに、内側を緩やかな山なり(カーブ)にしているので、つけ心地が抜群。指と触れる面積が少なく、長時間指にはめても違和感がありません。痛くなりにくい&疲れにくいので、いつも指輪を身につけて愛を感じたいおふたりにぴったりです。

ハワイの専属職人による本物の手彫り技術

Hand-carved  マカナのハワイアンジュエリーに模様を入れるのは、マカナ専属の職人たった1人。ハワイを愛し、ハワイで暮らす「Mrs.Lynn」という女性です。

彫り歴約30年のベテラン技術は、ダイナミックかつ繊細!本来、鍛造ではむずかしいとされる細かな模様も、美しくキレイに彫ることができます。

18金でもキレイな手彫り模様に

素材のお話ですが・・・。

ハワイアンジュエリーの素材は14金が定番。その理由は以下の2つです。

  • アメリカ市場で14金が主流だから
  • 彫りやすい硬めの素材だから

ハワイでは18金の調達がむずかしいので、14金よりも高額に。また、18金は14金と比べてやわらかいので、彫りが難しく模様が見劣りしてしまいます。

一方、マカナではプラチナと18金のゴールド(イエローゴールド・ピンクゴールド・ホワイトゴールド)のハワイアンジュエリーを鍛造の技術で実現!

  • 変色しにくく耐久性が高い
  • プラチナやゴールドの純度(=素材価値)が高い

という理由で、結婚指輪・婚約指輪に向いているとされ、広く用いられている素材です。

耐久性重視!毎日身につけたい人は「鍛造リング」がおすすめ

鋳造の指輪は、価格が低めでデザインはバラエティー豊か。でも、扱いが難しいので毎日大切に身につけたい人にとっては少し面倒に感じるかもしれません。

一方、鍛造は24時間いつでもどこでも結婚指輪を身につけたい人におすすめ。マカナのハワイアンジュエリーは素材・模様・リング幅などが組み合わせられる「セミオーダー」なので、耐久性だけじゃなくデザイン性も重視できます。

マカナの実物は、全国各地のジュエリーショップにてぜひご確認くださいね。また、ホームページ上では「3Dシミュレーション」が24時間無料で使えます。ショップで迷って後悔しないように、シミュレーションで大まかなデザインを決めておくと良いでしょう!

Makana BRIDAL COLLECTION
ハワイアンジュエリーマカナの結婚指輪コレクション